【長野市】追加情報。国道19号篠ノ井小松原トンネル付近の通行止めについて、7月14日より6時~21時の間のみの片側交互通行が開始しました。

写真はイメージです。

【長野市】追加情報。国道19号篠ノ井小松原付近の通行止めについて、応急復旧工事が進められています。

地滑りによる国道19号篠ノ井小松原トンネル付近の通行止めについて、前回の記事で応急復旧工事を昼夜問わず行っているとお伝えしていましたが、通行止め開始から一週間経った2021年7月14日より、朝6時~21時の時間で片側交互通行が始まりました。

長野国道事務所では、今回の工事はあくまでも応急工事であるため、今後強い降雨や天候の変化により、頻繁に通行止めになる可能性があるとしています。

利用される方は、常に状況の確認が必要となりそうです。

長野国道事務所のHP、Twitterではリアルタイムで確認できるようになっています。

長野国道事務所HP

長野国道事務所Twitter

公式Twitterへのコメントには、早期復旧に感謝する声が多い中、渋滞への不安がある方も多いようです。まだまだ市民の足に影響は残りそうです。

追加の情報がわかりましたら、随時お知らせします。

片側交互通行付近の地図はこちらです↓

2021/07/14 13:25 2021/07/14 13:25
saok2
ジモネタ長野市
人気記事
号外NET他の地域

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

スマホで号外NETを簡単に見る方法とは?

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集